ニキビ跡でも赤みや茶色のシミなら、ターンオーバーをしていくうちに薄くなる可能性あるけど、クレーターになっていたら絶望的って思ってしまう。

皮膚科のレーザー治療が最後の砦かな~と思って、いろいろ調べてみたけど、クリニックによって名前が違っていたりして、どんな治療かわかりにくい~。

それでもめげずに調べていたら、レーザーでもいろんな治療があるのがわかった。
レーザー治療って基本的には皮膚に小さな傷をつけて、それを治そうとする皮膚の再生能力を利用してクレーターをなくすって理論なんだけど、レーザーの当て方がいろいろあるらしい。

表皮から真皮までレーザーをあててしまうタイプ。これが一番古いし一般的。表皮も傷つくのでダウンタイムが長い。

皮膚の内部だけレーザーをあてるタイプ。フラクショナルレーザーなど。
針のついた機器をあてるのでちょっと怖いですが・・・細いので終わったらほとんど目立たないらしい。表皮にはダメージを与えないのでダウンタイムが短い。中にレーザーをあてるので赤みがでる。

このフラクショナルレーザーの進化形がイントラセル。
機器をあてるのはいっしょだけど、一般的なフラクショナルが針の先だけに点状にレーザーを照射するのにたいし、イントラセルでは水平に広がるので有効面積が広くで効果を感じるのが早いそうです。

こういった技術は日進月歩。なっとくいく治療法があったら、あきらめていたニキビ跡にためしてみてはいかがでしょうか?

イントラセルの詳しい説明はこちら →ニキビ跡

© 2017 ニキビ rss